1. ホーム
  2. シチュエーション別コーデ
  3. 体型
  4. ≫【ガリガリでも大丈夫?】痩せ体型をカバーするメンズコーデ

【ガリガリでも大丈夫?】痩せ体型をカバーするメンズコーデ

男性の方がガリガリに痩せ体型をカバーしたいなら、シャツを活用しコーデをお勧めします。しかも決して難しくはありません。シャツの上にカーディガンを合わせたり、ジレを合わせると、自然な体型カバーが出来るスタイルが可能ですからね。


白いシャツなら、一枚持っていればどんな服装にも合わせやすいですし、チェックのシャツなど模様の入ったシャツなら一枚だけで着ても痩せているのが目立ちません※。


※白シャツを活用した着こなし方法は次の記事をご参照ください。
白シャツのメンズコーデ【失敗しない着こなし方法】

白シャツのメンズコーデ
(上記画像はメンズスタイルで取扱いアイテムです⇒メンズスタイルの評価はこちら


なお、アウターに柄シャツを活用する場合、インナーはVネックのものが良いです。Uネックより見えてしまう部分が少ないので、インナーが目立ってしまうことがありません。


また、シャツに合わせるボトムスとしては、カーゴパンツがお勧めです。あまりサイズが大きいものより、少しスリム目のものを選ぶのがポイントです。


シャツとの相性が良くスマートさも演出できますし、何より清潔感が出ます。ダボついたものを選んでしまうと、体型は隠せてもだらしないイメージが出るのでよろしくありません。それにダボついたコーデ自体を嫌いな女性は非常に多いですからね。


それから、ボトムスはミリタリー柄も避けておいた方が無難です。シンプルな色合いのカーキやベージュ、オフホワイト系のパンツをなどの色を選ぶと、どんな色のトップスにも合わせやすいですし、全体の印象が女性ウケする清潔感のあるスタイルにんらうのでおすすめです。


また、カーゴパンツならポケットで腰まわりから足にかけての体型カバーが出来ますし、スリムタイプなら太って見えることもなく、ちょうど良い体型に見せることが出来ます。


トップスのシャツですが、スマートさを出したいならボトムにインした方が綺麗に見えます。シャツをボトムにインしたくない場合は、少し丈の短いチェック柄など柄の入ったシャツを選ぶと、シャツが出ていても自然です。


その上にカーディガンを羽織るとなお自然です。シャツをボトムにインした場合は、少し目立つ色の太めのベルトなどを合わせると、色が引き締まり、体型をカバーしつつ丁度いいスリムさに見せてくれますよ^^

【最新版】メンズ服の通販ショップランキング

メンズファッション通販ランキング
ネット通販で人気のメンズ服ショップを評価してランキング化しました。評価の高い1位のアパレルショップを知りたい方はチェック!
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.