1. ホーム
  2. シチュエーション別コーデ
  3. 体型
  4. ≫【チビでも大丈夫?】背の低さをカバーするメンズコーデ

【チビでも大丈夫?】背の低さをカバーするメンズコーデ

チビって言われてしまうと男性なら誰もが傷ついてしまうという方が多くいらっしゃるはずです。しかしながら、身長ばかりはいくら努力しても、遺伝的要素がありますから、どうしようもないというのが実情です。

背が低い
とはいっても出来るだけ高身長にみせたいのが男心というものです。ではどうしたら良いかのでしょうか?


そのコンプレックスを改善するための秘訣は、全身コーディネートのテクニックにかかってきます。


メンズの場合に限らず、高身長にみせるためには視線を上半身、できれば顔周りに集めることが大切です。『相手の視線は上半身に持ってこさせる』これが、ポイントになりますので、それを意識した着こなしが大切となります。


そのため下半身のボトムス・パンツなどにはダーク系の落ち着いた目立たないカラーを持ってくるようにしてください。


靴もあまり派手にせずパンツと同系色で合わせ、『パンツ・脚・靴』3点が一体化するようにしましょう。そうすれば、脚長に見える効果も期待できますからね。


そして注意したいのが、太めのパンツをローライズにして、長め丈で履くという方法です。これは脚の長さを強調してしまいますから、残念ながら決して背が高く見えません。


むしろ弱点を強調してしまうので、避けるべきと言えるでしょう。なぜか、このスタイルをしたがる人が多くいますが、そもそも太めのパンツは女性からウケも悪いですので、背が低い以前の問題として、おすすめできないスタイルです。


できればジャストサイズの丈か、夏ならロールアップをして短めの7分丈などにして、すっきりと足元をみせるように心がけてください。


そして次に上半身にこそ目立つカラーをもってくるわけですが、こちらも丈が長すぎるトップスをもってこないようにしましょう。できるだけウエストから少し下に来るくらいの丈を選ぶようにしてください。


では下半身も上半身も同じようなカラーになってしまった場合はどうしましょうか?


例えば、黒っぽいパンツにダークネイビーのTシャツといったような場合です。このような同色系を合わせてしまうと、どうしても全身に視線がいってしまいますから、身長が低いことが目立ってしまう可能性が高くなります。


なるべく避けた方が無難ですが、それでもチャレンジするのであれば、上半身に小物類をもってきます。目立つカラーのストールに帽子、首元にアクセサリーなどを使用して下半身を目立たせないようにしましょう。


以上が背の低さをカバーする着こなしのポイントです。本文中で紹介した「上半身に視線を集める」この極意を押さえれば、スタイルよく見せることが可能ですので、ぜひあなたの着こなしにも取り入れてくださいね。

【最新版】メンズ服の通販ショップランキング

メンズファッション通販ランキング
ネット通販で人気のメンズ服ショップを評価してランキング化しました。評価の高い1位のアパレルショップを知りたい方はチェック!
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.