1. ホーム
  2. シチュエーション別コーデ
  3. 体型
  4. ≫【デブでも大丈夫?】太った体型をカバーするメンズコーデ

【デブでも大丈夫?】太った体型をカバーするメンズコーデ

「デブ」だから何を着ても似合わない、どれを着てもかっこ悪いと思い込んでいるとしたら、それは違います。

肥満の男性
メンズもレディースファッションと同様に、デザインとコーディネートによって、着る人自身がガラッと変わって見えるんです。


ぽっちゃり君が、すぐに実行出来るファッション改革の第1は、パリッとした服で清潔感をアピールすることです。


2番目に頭です。髪がグシャグシャだったらきちっとコームを入れて整えるか、美容院へ行ってカッコ良く揃えてもらいます。美容師さん、理容師さん以外だったら自分で適当に散髪するのはNGです。


3番目に顔です。顔と言ってもパーツの問題ではなく、髭は無精になっていないか、眉毛もばらついていないか欠かさずチェックするという意味です。


4番目は靴です。踵を踏んづけていたら、百年の恋も冷めてしまいます。


カジュアルであっても、ビジネスであっても、汚れていたり踵が磨り減っている靴を履くのは、性格が良くても、もったいない事です。


以上、これら5つの項目はすぐに改善できる点なので、まずはそれに取り組むようにしてください。


■太り気味の人が身だしなみで気をつける4つのポイント

  • 清潔感のあるコーデをする
  • 髪型は美容室で整えてもらう
  • 無精ひげ・まゆ毛は手入れする
  • 汚い靴をはかない

さて、気になるすっきり見える洋服のスタイルについてですが、沢山の人が間違いやすい服選びは、体型を隠すということに神経が行ってしまっているということです。


そのため、とても大きめの服を選んでしまい、袖も丈もダルンダルンに長すぎてしまっているという着こなしをしている男性をよく見かけます。


また、その逆にピチピチの服を無理やり着ている場合もNGです。これでは体型が目立ちすぎてしまうので、どうしてもお腹や太ももに目が行ってしまいます。以上の理由から、それらの服装はNGです。


理想は、オーダーなのですが、始終オーダーメイド服というわけには行きませんので、少しだけゆったり目の服を買い、袖・丈はできるだけお直しに出して、身体にぴったり合う様にしましょう。


自分で丈直しができない場合には、お店の人にお願いをしましょう。丈直しは業者に依頼しているショップが多いため、1週間ほどは時間はかかりますが、それは仕方ありません。体型カバーのコーデのために、その期間は待ちましょう。


そのひと手間が、カッコよい着こなしのためには重要になってきますからね。


なお、柄についても、大柄な模様、太い横ボーダー、大きな文字は身体が大きく見えるためアウトです。


それから、スーツは別として、カジュアルの場合は上下同色よりも、分けたカラーを使うとメリハリが着きます。


なお、色については、ゆるい感じのパステルカラーは、いわゆる膨張色となるためあまりお勧めしません。少し暗めの黒ややブラウンを中心にして、差し色としてビビッドカラー(赤やオレンジ)、小物に使うとすっきりときれいに見えます※。


※ 次の記事で紹介している『赤ニット』のコーデや、『ネイビーシャツ』を活用したコーデはパステルカラーではなく、ダーク系の色になるので、痩せてみせたい方にはおすすめです。

赤ニットのメンズコーデ【失敗しない着こなし方法】

ネイビーシャツのメンズコーデ【失敗しない着こなし方法】


太っているから、肥満だからといって、おしゃれな着こなしをあきらめてはもったいないですから、その体型をカバーするコーデをするようにしてくださいね。

【最新版】メンズ服の通販ショップランキング

メンズファッション通販ランキング
ネット通販で人気のメンズ服ショップを評価してランキング化しました。評価の高い1位のアパレルショップを知りたい方はチェック!
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.