1. ホーム
  2. アイテム別コーデ
  3. カーディガン
  4. ≫赤カーディガンのメンズコーデ【失敗しない着こなし方法】

赤カーディガンのメンズコーデ【失敗しない着こなし方法】

派手色アイテムは、上手く着こなせば、上級者としてのお洒落と思われ、失敗すれば、ただのイタイ奴と見られてしまう難しい色です。


しかし、この派手色アイテムのなかでも、比較的に着こなしがしやすいと言われているのが以外にも『赤色』になります。そして、赤色系のアイテムの中でもほぼオールシーズン使えるのがカーディガンです。

赤のカーディガン
(上記画像のアイテムは『インフォアブソ』で販売しているカーデです⇒インフォアブソの評判はこちら

このような派手色アイテムの合わせ方にコツは、そのアイテム以外は、黒・白・グレーなどのモノトーンで合わせることです。そうすれば、意外とすんなり着こなせることができます。


そして、モノトーン系を合わせた着こなしの中でも、特におすすめはアウターを派手色、インナーを白にして、パンツは黒という組み合わせです。


なお、この色あわせは、どんなコーデでも合うスタイルのため、スタイリストなどでも、よく使用する、定番の組みあわせとなっています。


ここで、特に気を使わなければならない点としては、パンツやインナーをモノトーンにまとめても、靴や、かばんなどの小物が、モノトーンでまとめなければ、せっかくの着こなしが台無しになることです。忘れがちになりますので、ぜひ気を付けるようにしたいものです。


なお、派手色アイテムとモノトーンとの組み合わせだけを守ることで、あとの全体のシルエットは自由となるります。例えば、トップスを細めにして、パンツを太くしたAラインや、トップスをゆったりとり、パンツをスリムにしたVラインのシルエットでも、今風に着こなすことができます。


また、モノトーン以外で合わせるのなら、カーキやベージュといった色合いがおすすめで、これらの色を派手色アイテムとあわせても、20代の若い男子らしいコーデの完成です。


そして、この場合も、インナーや靴などは、しっかりとモノトーンでまとめることを忘れないようにしましょう。


このように、失敗しないメンズの着こなしでは、派手色同士の組み合わせをすると、色同士が主張しあって、まとまりがなくなり、妙に浮いたような感じとなってしまいます。


派手色のアイテムを着用する場合には、他のアイテムはモノトーンでまとめるほうが、上手な着こなしが出来るので、お洒落上級者とみられることができるようにしてくださいね。

【最新版】メンズ服の通販ショップランキング

メンズファッション通販ランキング
ネット通販で人気のメンズ服ショップを評価してランキング化しました。評価の高い1位のアパレルショップを知りたい方はチェック!
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.